和歌山県工場環境緑化協会
HOME
協会の紹介 緑化事業の紹介 嘉家作の桜並木 会員名簿 伝言板 募集

嘉家作の桜並木

  1976年(昭和51年)、当協会が嘉家作に桜の植樹を行い、桜を管理するようになりました。
現在は、桜約100本、つつじ約270本が植栽されており、春には見事な花を咲かせ、街路を彩る桜並木となっています。この桜並木は地元の方や国道を通るドライバーの方の目を楽しませ、和歌山市の名所として親しまれています。
  桜の種類は、ソメイヨシノやサトザクラなどが主ですが、その中に、1本だけ毎年2月中旬から2月下旬頃に咲く珍しい桜があります。
名前は「カンヒザクラ」といい、漢字で書くと「寒緋桜」(別名「ヒカンサクラ」(緋寒桜))嘉家作にある桜はそのカンヒザクラを片親に持つ雑種と思われます。
この桜は主に沖縄や台湾に分布し、色は普通の桜(ソメイヨシノなど)に比べ濃い赤色であり、小花が下向きに垂れて咲きます。
  この「カンヒザクラ」が一足早い春を演出していますので、シーズンになれば一度ご覧下さい!!

寒緋桜

『寒緋桜』


嘉家作の桜並木

『嘉家作の桜並木』


Copyright © 2004 Belonging to Wakayama Pref.